2013-09-09

ドメイン名は奇をてらわず

ドメイン名は社名と一緒に考えておく

日の出ソフトのドメイン名は「hinodesoft.com」です。

ドメイン名は会社名を考える時に一緒に考え、空きドメインであることを調べておきます。会社名を決めたら、すぐに取得しましょう。

業者間で価格に大差なし

ドメイン名の取得(登録)は、ムームードメインで行いました。

ムームードメイン以外には、お名前.comくらいしか知らなかったので、選ぶもなにもないのですが。その2つからなぜムームードメインにしたのかは覚えていないのですが、たぶん少し安かったからだったと思います。安いといっても数十円違いです。

実際にかかった取得費用は580円(年)でした。

キャンペーン中の価格で、時期によってはもう少し安い場合もあるようですが、1年後の更新時には、980円という通常料金になるので、それほどこだわる必要もないでしょう。

「.co.jp」か「.com」か

ちょっと考えたのは、「.co.jp」にするか「.com」するかです。
「.co.jp」は企業が取得できるドメインで、企業のホームページやメールアドレスによく見られます。属性型JPドメインというそうです。属性型というのは分かりにくい用語ですが、企業のみが使用できるドメインだということでしょう。

ドメイン取扱会社の説明文には以下のような説明が並んでいます。

「属性型JPドメインをお勧めする理由は安全性・信頼感です。」
「日本法人であることの証明となるため、高い信頼を得ることができるドメインです。」
「日本国内で法人登記を行っている会社、もしくは、登記中の会社が登録できます。」

「.co.jp」ドメインを使っていると信頼してもらえるよ、ということらしいのですが、Googleもアップルもマイクロソフトも「.com」ですし、「.com」だからといって取引してくれないというわけでもないでしょう。フリーメールのgmail.comアドレスでビジネスをされている方もおられるようですし。

「.com」のほうが安い

登録料をみても、「.com」が1000円未満なのに対し、「.co.jp」は登録時で約4000円ほど、更新時には5000〜6000円ほどになるようです。安いからというわけではありませんが、「.com」を使うことにしました。
今のところ「hinodesoft.co.jp」は空いているようですので、予定はありませんが、使いたくなればその時に取得しようと思います。

余談ですが、、、
「日の出ソフト」で検索すると、いまでこそ当社のホームページが結果に出てきますが、最初は、日の出という地名のソフトボールチームやソフトクリーム屋さん、日の出/日の入り時刻を調べるアプリなど、当社と関係のない結果が上位を占めていました。
違う社名にすべきだったかと不安になりますが、今まで存在しなかった会社なのですから、検索ロボットが存在を認識するまで少し時間がかかるものなのです。しばらくすれば徐々に検索上位に表示されるようになってきますので、安心してよいようです。

◆今回かけた費用
・ドメイン登録:580円
◆これまでにかけた費用
・合計:25,926円