2013-09-25

ずっと留守電でごめん…会社の電話はSkype

最近固定電話使ってます?

携帯電話の普及で、一般家庭の固定電話の利用率が下がってきているのと同時に、固定電話回線をもたない世帯が増えているそうです。


私自身も自宅に固定電話を引いていますが、ほとんど利用していないですね。宅配便や何かの会員登録などで連絡先電話番号を記入するときも、自宅の固定電話番号を記入することはほとんどありません。

それでも固定回線を持ち続けているのは、利用している固定回線 KDDIのメタルプラス電話(2013年6月17日をもって申込終了。引き継ぎサービスは auおうち電話)でauまとめトークを利用すると、au携帯電話へかけた場合の通話料が無料になるからです。離れて住む家族の携帯電話がちょうどauなので、ちょっと長くなる用件で電話をするときに、時間(料金)を気にせず話せるので重宝しています。

会社に電話はいらない?

起業するにあたって、会社の電話をどうしようか考えました。電話を使わない、電話番号を持たないことをまっ先に検討しました。
固定電話からかけなければならなかったり、会社の電話にたくさん電話がかかってきたりすることがなく、会社の電話がなければサービスが提供できないわけではないからです。

仕事でかける電話、かかってくる電話はほとんどが携帯電話です。名刺にも携帯電話番号を記入しています。

しかし、連絡先としての会社の電話番号は必要になります。実際にかかってくるかどうかは別にして、会社として作成すべきいろいろな書類の様式に「電話番号」を書く欄があるからです。

電話受付・秘書代行サービス

先のエントリーでも書いたように、日の出ソフトはバーチャルオフィスを利用しています。
ですので、オフィスに固定電話を引くことはできません。専用の電話番号で電話対応までしてくれるサービス(秘書代行サービスといわれています)を提供しているバーチャルオフィス業者もあるようですが、日の出ソフトでは利用していません。秘書代行サービスは固定電話料金に加えて、回数により数千円〜数万円/月が必要になります。

商品販売で注文の電話がかかってきたり、迅速なサポートが必要でかかってくる電話が売上や顧客満足に直結するような業態ではないので不要だからです。そもそも電話番号を持たずすませられないか考えていたくらいですから。

携帯電話、固定電話

会社の代表番号を、固定電話でなく携帯電話にするという方法も考えました。会社の電話番号が固定電話でなければならないというわけでもないので、別に構わないのですが、その場合、会社専用の携帯電話を別に用意しなければなりません。会社宛にかけてきた人に向かって「はい、田中です」とは応答できませんからね。

携帯電話2台を持ち歩く必要があり、かつ携帯電話料金が必要になります。

やはり会社用に固定電話を持たざるを得ないのでしょうか。固定電話を利用するという案にはもっと根本的な問題がありました。オフィスはないので自宅に会社用の固定電話を引くことになります。自宅にずっといるわけではなく、むしろ外出しているほうが多いため、かかってきた電話に出られないという問題です。

携帯電話に転送すれば着信はできますが、そうしたところで、移動中や打合せなど、常に出られるわけではないのです。そうした場合の秘書代行サービスなのでしょうが、できれば費用はかけたくありません。ないものねだりでしょうか。。。

代表電話はSkype

いえ、ありました。「Skype番号」です。

Skypeはチャットやテレビ電話として注目されがちですが、格安電話として使うことができます。
電話をかけるだけでなく、Skypeアカウントに電話番号を割り振り、電話を受けることもできます。

日の出ソフトでは、Skype番号を会社の固定電話代わりに利用しています。
割り振られる電話番号は「050」で始まるIP電話番号です。IP電話は家庭用としても普及しており認知度は高いので、会社の番号としても問題ないでしょう。

常時、留守電

Skype番号に着信があると、SkypeがオンラインならSkypeに着信、オフラインなら留守番電話になります。
オンラインなら、と書きましたが、使い方としては、会社の電話用のSkypeアカウントを作り、原則オフラインで、常時、留守番電話にしています。

あまり電話がかかってこないことと、もしかかってきても、留守番電話にメッセージが入るとメールで知らせてくれるので、留守電メッセージを確認し、こちらからすぐにコールバック可能だからです。

月額313円の電話番号

SkypeはチャットやSkype同士ので通話は無料ですが、固定電話、携帯電話、国際電話など一般の電話と通話をすると料金が発生します。もちろん、Skype電話を利用するには支払が必要です。この金額が、会社用携帯電話や固定回線を引くよりも高額であればSkype電話を利用する必要性がなくなります。

Skype電話の気になるお値段は、3,750円/年(313円/月)です。
Skypeのホームページではこの料金は掲載されていないのですが、実際に日の出ソフトが支払った金額を記載しています。

留守電で営業電話撃退

Skype電話を会社の電話番号にしたことで、こんなメリットもありました。

設立してしばらくは、営業電話がよくかかってきます。新しく登記された会社の情報をチェック(法務局で閲覧可能)されておられるのでしょう。

そういうとき、常時留守電にしていると、たいていメッセージを残さずに切ってしまわれます。興味のない営業電話の対応に時間をとられずにすむので大助かりです。

大事な見込客からの電話も取り逃がしているのではないかって?

大丈夫です。
Skype電話は、留守電にメッセージを残さずとも、着信履歴に電話番号を記録する機能があります。残された電話番号をネットで検索すると、営業電話かお客さまからの電話かは一目瞭然です。

ちなみに、営業電話は、PR会社、会計事務所、税理士事務所がほとんどですね。個人の携帯電話に時々かかってくるマンション投資系はありません。


◆今回かけた費用
・Skype電話(1年間):3,750円
◆これまでにかけた費用
・合計:63,512円