2015-02-02

月に一度の通帳記帳

ひさしぶりの更新です。
忘れていたわけではございませんが、忘れたふりはしておりました。。。
これからはあまり気構えず、日々の業務を書いていこうと思います。

今日は「通帳記帳」をしてきました。もちろん会社の銀行口座の預金通帳です。
日の出ソフトには三菱東京UFJ銀行住信SBIネット銀行の2つの銀行口座があります。

起業する際に三菱東京UFJ銀行の法人口座を作りました。
三菱東京UFJ銀行には「BizSTATION」というネットバンキングのサービスがありますが、基本料金がかかったり、メール通知機能に別料金がかかったりと、何かと料金がかかるため利用せず、ATMに出向いて振込、入金確認などを行っていました。

しかし、社員が増えてきたり、お取引先によって入金日が異なったりと、店舗やATMにいちいち出向くのは不便を感じてきたため、ネットに特化した住信SBIネット銀行に法人口座を開設しました。
振込手数料も安いですし、請求書に記載する口座はこちらですし、振込もこちらから行います。ATMに行かなくてもネットでほぼすべての手続きが完了するので便利です。

住信SBIネット銀行が対応していないことがあります。それは口座からの自動引落です。
社会保険料など、自動引落が必要なもののみ三菱東京UFJ銀行の口座で行っています。

住信SBIネット銀行はいつでもネットで残高や入出金明細を確認できますが、三菱東京UFJ銀行については定期的に通帳記帳を行う必要があります。まちがって引き落とされることは稀でしょうが、会社の大事なお金ですので、月に一度は確認しておきたいところです。

社会保険料の引落日が月末(月末が休日の場合は翌日)ですので、毎月その日に通帳記帳を行いにATMに出かけるようにしています。

記帳して戻ってきたら、入出金の金額が正しいことを確認します。
確認できたら、経理ソフトを起動して、前回の通帳記帳以降に追加された明細について経理ソフトに入力します。
その後、経理ソフトの残高と通帳の残高が一致しているかを確認しています。

ついでに店舗窓口で用事もすませてきたのですがそれはまた別の記事で。

今日の仕訳(1)
預り金・社会保険料 500,000 / 普通預金・三菱東京UFJ 1010,000
法定福利費 510,000

今日の仕訳(2)
管理諸費 20,000 / 普通預金・三菱東京UFJ 20,000

※仕訳の金額は実際とは異なります。